イベント名
IEICE ICT Pioneers Webinarシリーズ
発表年月日
2021/05/18
タイトル
本当の感覚通信を求めて
ーリアルハプティックスの歴史と未来ー
著者
大西公平(慶應義塾大学 ハプティックス研究センター 特任教授), 
抄録
私たちが感覚信号を人工的に利用しようとした場合必要になる機能は信号のデータ化、伝達、記録、そして再現である。五感
のうち聴覚・視覚に関する感覚伝送に関しては、先人の努力で
立派な学問体系が打ちたてられているが、その他の感覚、なかんづく力触覚に関してはデータ化すら行われていない。果たして聴覚や視覚と同様な感覚伝送が可能なのであろうか。もし可
能なら、どんな応用が拓けるのであろうか。このような長年の
疑問が氷解したのはごく最近のことである。その最初の挑戦は
すでに1940年代における米国でのパイオニア的な研究であった。21世紀になり、ロボティクスでの人工感覚の必要性が認識されるようになり、ようやく学問体系を作ろうという動きが始まっ
てきた。もし私たちがこの技術を普遍化してeasy-to-useという
段階に至ると、少子高齢化や製造業・農業などにおける非定型
作業の自動化といった日本の社会や産業が抱えている諸問題を
解決する一助になるであろう。力触覚における感覚伝送技術の鍵となるリアルハプティクスについてご紹介し、私たちにどの
ような種類の幸せをもたらせてくれるかを皆様と一緒に考える。

Webinar視聴 関連資料ダウンロード